月の土地 購入出来る理由

月の土地の購入と聞いてはじめに思うことは
月は誰のものなのか?と思いました。
1967年に発行された宇宙条約によると
国家は月を所有することを禁じているそうで
ルナエンバシー社の創始者であるアメリカ人のデニス・ホープ氏は
所有権の申し立てを行い所有権を得ました。


人類が月に移住するなんて
空想のような話だと思ったりもしますが
夢のあることですよね♪

1エ−カ−から購入できるとされていますが
1エ−カ−って1辺が約63メートルの正方形
もしも私たちが生きているときに月に移住できるように編んると
暮らすこともできるでしょうし
子供たちや孫たちに残す資産としても考えることができますよね。

何年か後には、相当な値段で取引されるなんてこともあるかも・・・
月の土地の購入は、夢のある話ですね。

月の土地が買えるってほんと?!「月の土地」1エーカー2700円